トップページ > 共催・後援

共催・後援Collaborators

フォーラム・シンポジウムの共催・後援・協力事業のご案内です。

2017.7.22
デジタルアーカイブの拓く未来
デジタルアーカイブ学会第1回研究大会(主催:デジタルアーカイブ学会 岐阜女子大学、会場:岐阜女子大学 文化情報研究センター)
2017.4.30-5.14
アーツ千代田 3331特別企画展 「橋を渡る -東京から江戸へ-」
アーツ千代田 3331(後援:千代田区、一般社団法人千代田区観光協会、社会福祉法人千代田区社会福祉協議会、文化資源学会、会場:アーツ千代田 3331 104、1F コミュニティスペース) 
2017.2.12
2017年のホンモノ/ニセモノ ―体験を揺さぶる技術にふれてみませんか
第16回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室) 
2016.11.19-20
「福島の風景から読むFUKUSHIMA」
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2016 伝える考える福島の今プロジェクト トークイベント+現地視察ツアー「(主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会、協力:文化資源学会)
2016.11.12-13
「江戸の祭礼と芸能 」
江戸東京の文化遺産フェスティバル(主催:水都江戸文化遺産塾実行委員会、後援:文化資源学会、特別協力:神田神社、協力:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学専攻、金井大道具株式会社)
2016.5.21
「美術館、あるいは儀礼と権力の空間」
公開講演会(主催:立教大学文学部 学校・社会教育講座 学芸員課程、 後援:美術史学会、文化資源学会) 
2016.4.16
「境界/ボーダーを越えてー未来の学芸員のために」
2015年度美術史学会美術館博物館委員会 東西合同シンポジウム(主催:美術史学会、国立国際美術館、後援:文化資源学会) 
2016.2.13
「キャラクター考―『刀剣男士』の魅せるもの―」
第15回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室) 
2015.12.12-13
「江戸の祭礼と芸能 」
江戸東京の文化遺産フェスティバル(主催:水都江戸文化遺産塾実行委員会、後援:文化資源学会、協力:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学専攻)
2015.11.7
「 動物園水族館は現代の箱舟か? −保護増殖事業計画への協力− 」
種保存会議シンポジウム(主催:(公社)日本動物園水族館協会 (JAZA)、熊本市
後援:環境省九州地方環境事務所、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、(公財)日本博物館協会、(公社)日本植物園協会、文化資源学会)
2015.10.28
「ミュージアムのジレンマ—収集、展示、マスメディア」のご案内
講演会(主催:国立西洋美術館 後援:全日本博物館学会、文化資源学会 助成:アメリカ大使館)
2015.4.5
「複層―日韓近代美術家たちのまなざしが開く新たな地平」
国際シンポジウム(後援、主催:「日韓近代美術家のまなざし」展研究会、会場:国際交流基金ビル さくらホール)
2015.3.29
「裂ける日常、断たれる記憶―福島をつなぐアート/ミュージアム―」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会、会場:福島県立美術館講堂)
2015.3.2
2015.2.23
「江戸の祭礼と芸能」
公開講座(後援、主催:水都江戸文化遺産塾実行委員会、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室)
2015.2.7
「いのちの博物館の実現に向けて−消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第6回シンポジウム (後援、主催:公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)、会場:せんだいメディアテーク・7階スタジオシアター)
2014.12.14
「らくがき そこにかくということ」
第14回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室) 
2014.10.11
  • 「20世紀前半、二重空間の韓国に生きた日韓の美術家たち」
    国際フォーラム(後援、主催:「朝鮮」を描く(仮称)展研究会、会場:韓国文化院ハンマダンホール(東京都新宿区四谷4-4))チラシ(表) / チラシ(裏) / FB
2014.7.6
「いのちの博物館の実現に向けて−消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第5回シンポジウム (後援、主催:公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)、富山市、公益財団法人富山市ファミリーパーク公社、会場:富山国際会議場大手町フォーラム メインホール)
2014.4.20
「ミュージアム連携の現在―連携企画展の可能性―」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会、会場:大和文華館講堂)
2014.2.22
「酒食饗宴―うたげにつどう人と人」
第13回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学弥生キャンパス弥生講堂アネックスセイホクギャラリー) 
2013.11.2
「いのちの博物館の実現に向けて−消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第4回シンポジウム(後援、主催:(公社)日本動物園水族館協会、会場:広島国際会議場 国際会議ホール「ヒマワリ」)
2013.9.1
「いのちの博物館の実現に向けて−消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第3回シンポジウム (後援、主催:(公社)日本動物園水族館協会、日本野生獣医師学会、会場:京都大学・百周年時計台記念館)
2014.4.21
「震災とミュージアム―そのとき私たちは何ができるのか」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会・仙台市博物館、会場:仙台市博物館ホール) 
2013.3.24
「いのちの博物館の実現に向けて−消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第2回シンポジウム(後援、主催:公益社団法人日本動物園水族館協会、会場:熊本市動植物園・動物資料館) 
2013.2.16
「地図×社会×未来」
第12回文化資源学フォーラム (後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館一番大教室
2013.2.2
「いのちの博物館の実現に向けて──消えていいのか、日本の動物園・水族館」
JAZA第1回シンポジウム(後援、主催:公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)、共催:公益財団法人東京動物園協会、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻、後援:環境省関東地方環境事務所、財団法人日本博物館協会、社団法人日本植物園協会、会場:東京大学農学部・弥生講堂一条ホール) ちらし(pdf)  東京ズーネット・ニュース
2012.10.28-12.16
「絵師・金蔵 生誕200年記念 大絵金展 極彩の闇」
展覧会(後援、主催:高知県立美術館、会場:高知県立美術館2階第2・第3展示室) 
2012.12.1-2
「宝塚―ピアノで踊る日本舞踊」
第64回舞踊学会大会 (舞踏学会との共催、会場:東京大学文学部1番大教室他)
2012.4.28
「いまどきの新・学芸員――採用の現状と未来」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会・大阪大学文学研究科、会場:大阪大学会館アセンブリーホール)
2012.2.17
「#寺カルチャー〜仏教趣味の今を視る〜」
第11回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室、会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館一番大教室) 
2011.5.7
「What's New? −リニューアルあれこれ」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会・国立新美術館・国立新美術館講堂)
2010.5.1
「”伝説”を創る現場―展覧会の可能性を求めて―」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会、大阪大学中之島センター)
2009.12.4-5
「アート・ドキュメンテーション学会創立20周年記念 第4回アート・ドキュメンテーション研究フォーラム「日本のアート・ドキュメンテーション−20年の達成MLA連携の現状,課題,そして将来」
シンポジウム(後援、主催:アート・ドキュメンテーション学会、東京国立博物館平成館・小講堂) 
2009.11.28-11.30.
「日蘭通商400年記念、歴史的造船施設シンポジウム」
シンポジウム (後援、主催:日蘭通商400年記念歴史的造船施設シンポジウム実行委員会、「船の科学館」別館羊蹄丸内アドミラルホール) 
2009.11.4−12.27
「'文化'資源としての炭鉱展」
シンポジウム (後援、主催:目黒区美術館) 
2009.6.27
「映画政策と“積極的統制”」
シンポジウム (後援、主催:文化政策史研究会、東京国立近代美術館フィルムセンター)
2009.5.9
「ミュージアムをどう評価するのか?学芸員の専門性と美術館・博物館の力」
東西合同シンポジウム (後援、主催:美術史学会、東京都美術館講堂)
2008.5.10
美術館博物館委員会シンポジウム「学芸員なんていらない!?―学芸員不要論を撃つ―」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会、大阪市立美術館) 
2008.2.9-3.30
「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展:信・望・愛ー理想の居場所をつくる」
展覧会(後援、主催:滋賀県立近代美術館、京都新聞社) 
2007.12.14
「1000円パトロンの時代-ファンドによる芸術支援の現状と課題-」
第7回文化資源学フォーラム(後援、主催:東京大学文化資源学研究室、日本学術振興会平成19年度人文・社会科学振興プロジェクト領域X「都市政策の課題と芸術文化の役割に関する研究」) 
2008.12.1
歴博フォーラム「民俗学の行方」
シンポジウム(後援、主催:国立歴史民俗博物館) 
2007.11.24.25
12.20
国立民族学博物館開館30周年記念フォーラム「文化資源という思想 - 21世紀の知、文化、社会」
シンポジウム(後援、主催:国立民族学博物館、朝日新聞社) 
2007.5.11
日米アーカイブセミナー公開フォーラム「アーカイブの公共性とアクセス:アメリカの経験、日本の経験」
シンポジウム(後援、主催:日米アーカイブセミナー実行委員会、米国アーキビスト協会、横断的アーカイブズ論研究会) 
2007.4.21
美術史学会美術館博物館委員会東西合同シンポジウム「学芸員の逆襲ーミュージアムの過去・現在・未来ー」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会) 
2006.12.11
「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」第1回公開シンポジウム
シンポジウム(後援) 
2006.11.22
「社会と芸術の結び目―アウトリーチ活動のこれから―」
第6回文化資源学フォーラム  (後援、主催:東京大学文化資源学研究室、日本学術振興会平成18年度人文・社会科学振興プロジェクト領域X「都市政策の課題と芸術文化の役割に関する研究」) 
2006.4.22
「検証:国公立ミュージアム―官から民へのうねりの中で」
美術史学会美術館博物館委員会東西合同シンポジウム (後援、主催:美術史学会)
2006.3.2
「廃校の可能性−芸術創造の拠点として」
第5回文化資源学フォーラム (後援、主催:東京大学文化資源学研究室、日本学術振興会平成17年度人文・社会科学振興プロジェクト「日本の文化政策とミュージアムの未来」 ) 
2005.4.16
「美術館・博物館の新たな公共性を求めて− 指定管理者制度・NPO・地域社会」
シンポジウム(後援、主催:美術史学会) 
2004.12.11-12
「日韓近現代歴史資料の共用化へ向けて─アーカイブズ学からの接近」
シンポジウム(後援、主催:アート・ドキュメンテーション研究会) 
2004.11.20
「文化経営を考える」
第4回文化資源学フォーラム (東京大学文化資源学研究室と共催)
2004.5.8
「美術館・博物館はなぜ必要か?」
(美術史学会・標語県立美術館と共催)
2003.8.30
「関東大震災と記録映画─都市の死と再生」
第3回文化資源学フォーラム  (後援、主催:東京大学文化資源学研究室、東京大学21世紀COE「生命の文化・価値をめぐる死生学の構築」) 
2003.2.22
「美術館・博物館の新たな現状と課題−学芸員の科学研究費申請をめぐって」
シンポジウム (美術史学会と共催)
2002.10.19
「記憶の再生―遺跡・史跡のマネジメント―」
第2回文化資源学フォーラム(東京大学文化資源学研究室と共催) 
ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2016.