トップページ > 展望プロジェクト > 春画展示研究会

春画展示研究会

  2014年秋に大英博物館で「春画―日本美術における性と楽しみ展 Shunga : Sex and Pleasure in Japanese Art」が開催されます。この展覧会は、来年春に東京への巡回を予定していますが、開催館がなかなか決まりません。大英博物館のカウンターパートであるはずの東京国立博物館も(明治期のそれはいざ知らず国立民族学博物館こそがカウンターパートだという意見もあります)、また開館以来積極的に江戸文化の紹介に務めてきた江戸東京博物館も巡回先とはなりませんでした。ロンドンで開催可能なものが東京ではなぜ開催できないのか。逆に、東京で開催できないものがロンドンではなぜ開催できるのか。
  江戸時代にあっては春画(枕絵・笑い絵・秘画・ワ印)そのものが非合法出版であり、明治社会は「春画及ビ其類ノ諸器物ヲ販売スル者」(違式かい違条例、1872年)を罰し、一般に公開すれば「猥褻物」として摘発される時代が長く続いてきました。出版において無修正のままに春画が掲載されるようになったのは、1990年代以降、きわめて近年のことです。しかし、国公立の博物館・美術館においては、春画の本格的な展示は実現していません。
  春画が表立って論じられないがゆえに、春画だけが浮世絵研究から切り離され、在野の好事家によって春画が収集(秘蔵)され、研究されてきたという現実があります。その一方で、国際日本文化研究センターや立命館大学がアカデミックな立場から春画研究を進めてきました。
  出版でも研究でも、実物を目にすることが大前提であり、公的な収集・保管は重要な課題です。そして、それらは公開されることではじめて補完され、公共財産=文化資源となるはずです。本研究会は、こうした春画を公開することが社会でどのように受け止められてきたのかを検証し、今後はどうあるべきかを考える機会とします。それゆえに、春画研究会ではなく春画展示研究会とします。プレイベントとして、昨年12月に辻惟雄先生の講演会を開催しました。
  第一線の春画研究者をゲストとして招き、来春までに5回の研究会を開催します。現在、決まっているゲストはつぎの方々です(敬称略)。Timothy Clark(大英博物館)、早川聞多(国際日本文化研究センター)、石上阿希(立命館大学)、浅野秀剛(大和文華館)。
  なお、本研究会は学会創立10周年を記念する「文化資源学の展望プロジェクト」のひとつとして設置されました。参加者は、原則として、5回の研究会すべてを受講していただきます。毎回数多くの春画を目にするということを承知でご参加ください。


春画展示研究会代表 木下直之


2015.11.7
第八回春画展示研究会 東京大学法文2号館1番大教室 14:00〜17:30 

第1部 報告 

「春画とは何か」
「春画展を阻んできたもの」

第2部 討議 

「春画と日本社会」

2015.8.1
第七回春画展示研究会 東京大学法文2号館教員談話室 13:00〜18:00 

2015.2.28
第六回春画展示研究会 東京大学法文2号館教員談話室 14:00〜17:15 

2014.10.18
第五回春画展示研究会 東京大学法文2号館教員談話室 15:00~17:00 

2014.3.28
第四回春画展示研究会 国際日本文化研究センター 10:00~18:00

2013.12.7
第三回春画展示研究会 東京大学法文2号館教員談話室 15:00~18:00

2013.12.7
第二回春画展示研究会 東京大学法文一号館315教室 15:00~17:00

2013.5.25
第一回春画展示研究会 東京大学法文一号館115教室 14:00〜16:30

2012.12.8
第0回春画展示研究会 東京大学法文一号館113教室 15:30〜16:30

ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.