トップページ > 論集 > 『文化資源学』投稿規定・執筆要綱

『文化資源学』投稿規定

  • 1. 文化資源学会会員は、『文化資源学』に論文および研究報告のいずれかを選んで投稿することができる。

    2. ここでいう論文とは、客観的な事実、データ、資料に基づき、論理的で説得的な分析を行い、論証を通じて新しい知見を提出しているものを指す。研究報告とは、新出資料の紹介や、今後の発展が期待できるテーマについて問題を整理し提出しているものなどを指す。

    3. 論文は、本文・脚注を合わせて24,000字を上限とする(表紙・図版をのぞく)。研究報告は、本文・脚注を合わせて20,000字を上限とする(表紙・図版をのぞく)。投稿者は、投稿原稿の種別を指定し、本文の最後に概算の文字数を明
    記すること。

    4. 本誌に投稿する論文および研究報告は、いずれも未公刊のものに限る。

    5. 投稿にあたっては、原稿のコピー4部を文化資源学会事務局に送付することとする。審査を経て掲載が決定した原稿は電子媒体に記録されたファイルを提出することとする。

    6. 原稿は横書きで所定の執筆要綱に従うこととする。

    7. 掲載論文、研究報告、特集等の著作権は文化資源学会が有するが、別の場所での公開に関して、以下の場合は学会誌掲載版の利用ができる。
    公開場所:個人Webサイト、機関リポジトリ、学位論文での使用、商業出版
    公開条件:出典表示を行うこと
    共著論文など、著者が複数いる場合、学会誌掲載版の利用については著者間で相互了解を得ること。
    また、利用した場合は、事後に学会事務局まで連絡すること。著者が複数いる場合、代表者の方からの連絡のみでよい。

    8. 印刷版発行1年後に、インターネット公開に関する著作権処理を施した電子版をJ-Stage上でも公開する。https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

『文化資源学』執筆要綱

  • (1) 体裁
    ・原稿はA4ワープロ横書きとし、印字は本文10.5ポイント以上、脚注9ポイント以上、1ページの行数は40行を超えないようにする。
    ・原稿は製本やホチキス止めを行わず、一部ごとにクリップする。

    (2) 言語
    ・投稿原稿の言語は日本語とし、引用をのぞいては新仮名づかいを用いる。

    (3) 構成
    ・原稿の1枚目は、冒頭に原稿種別(論文または研究報告)を示した後、タイトル、氏名、所属機関を日本語と英文の両方で記載する。また、メールアドレスと住所も明記すること。
    ・論文の場合、2枚目には原稿種別、日本語タイトル、600〜800字程度の日本語要旨、3〜5件のキーワードを記載する。3枚目から本文を開始し、最後に文献表を示す。キーワードは、学術論文データベースの検索項目として適切に機能するものを考えること。
    ・研究報告の場合、2枚目冒頭に原稿種別と日本語タイトルを示し、400字程度の日本語要旨を記載し、本文を開始する。
    ・いずれの種別でも、2枚目以降には氏名はじめ投稿者を特定できる情報は一切記載しない。

    (4) 本文書式
    ・読点は「、」句点は「。」を用いる。
    ・数字は引用文の場合の他、算用数字を使う。
    ・外国人名や外国地名は、よく知られたものの他は、初出の個所にその原語表記を示す。
    ・西暦以外の年号を示す場合は、1868(明治元)年のように西暦と並べて記す。
     本文中の引用文は「」の中に入れる。長い引用文は本文より2字下げて記入する。

    (5) 図版・表
    ・図版や表は本文内にレイアウトせず、A4別紙にまとめて添付する。図版や表の総面積は、論文では4ページ、研究報告では3ページを超えないようにする。
    ・各図版・表には通し番号を振り、キャプションを付ける。図版と表が混合している場合は両方を合わせた通し番号(図表1)(図表2)…とし、図版のみの場合は(図1)(図2)…、表のみの場合は(表1)(表2)…とする。
    ・図版の引用元は註ではなくキャプション内に明記する。撮影物は撮影者を示す。
    ・図版のデジタルデータは掲載決定後に求めるので、投稿時に提出する必要はない。
    ・他人が著作権を持つ著作物(図表、写真、絵画等)を引用する場合、掲載が決定した段階で、必要に応じて著者自身が著作権者より、印刷版、電子版それぞれについて引用許可を得ること。著作権者から印刷版のみ許可を与えられた場合、電子版(印刷版公開1年後、J-Stageに掲載)の該当箇所にマスキング処理をする。

    (6) 見出し
    ・本文の見出しは章、節までとし、通し番号1-1、1-2…などと算用数字とハイフンを用いた番号を付ける。各見出しは、番号に加えてタイトルを付すこと。

    (7) 註の付け方
    ・註は本文中の該当箇所に1や(1)などの算用数字を用いた註番号を上付けし、文末に一括して番号順に記載する。
    ・引用文献名を示す場合、本文中に(佐藤 2005:65)、(Graf 2001)等の形式で示す。引用と文献表の内容を合致させること。

    (8) 文献表の書き方 
    ・註とは独立に、論文末尾に文献表を立て、あいうえお順、アルファベット順などに記載する。
    ・文献表には基本的な書誌情報を明示する:著者名、出版年、論文題名、掲載誌・掲載書籍名(書籍の場合、編者名も)、出版地:出版社、url(最終アクセス日)、など。記載順、句読点、括弧などの様式は各執筆者の自由とする。以下、具
    体例を示す。

    和雑誌論文
     佐藤卓己「メディア史的アプローチ─歴史教科書の場合」『マス・コミュニケーション研究』67号、日本マス・コミュニケーション学会、2005年、63-69頁。
    和書籍
     永山定富『内外博覧会総説』水明書院、1933年。
    和共著
     中村尚史「近代日本における鉄道と時間意識」橋本毅彦・栗山茂久編著『遅刻の誕生:近代日本における時間意識の形成』三元社、2001年。
    翻訳和書籍
     P・アリエス(福井憲彦訳)『図説死の文化史』日本エディタースクール出版部、1990年、286頁。
    洋雑誌論文
  •  Katrin Graf, “ Les portraits d'auteurde Hildegarde de Bingen. Une étudeiconographique ”,Scriptorium 55, 2001, pp.179-196.
    洋書籍
     Susan Pearce, On Collecting, London,Routledge,1995.
    洋共著
     Richard Handler, “Is ‘identity' a UsefulCross-Cul tural Concept? ” , in John R.Gillis ed.,Commemorations : The Politics of NationalIdentity, Princeton, Princeton University Press,1994.

    (6) その他
    ・以上の執筆要綱に違反した投稿は再提出を求めることがある。著しい違反が認められた場合は、受理しないことがある。
    ・提出原稿、およびデータファイル等は原則として返却しない。図版等で返却が必要なものがあれば、あらかじめ申し出ること。

  • 本規定・要綱は2016年12月10日に改定されたものです。

     

ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.