トップページ > 論集 > 第10号

『文化資源学』第10号(2012年3月発行)

William H. Coaldrake
The Goshuden Mon of the former Kaga Mansion (Akamon) 旧加賀屋敷御守殿門(赤門)and its relationship to Daimy? Gateway Architecture in Edo
黒田乃生
世界遺産はだれのため?-登録への長い道のり

論文

太田峰夫
ツィンバロンはいかにして女性の楽器になったか――19世紀後半のハンガリー市民社会におけるツィンバロンの受容史について
西島千尋
明治期における音楽美学の萌芽―1908(明治41)年以前に着目して
泉 美知子
文化遺産の感情形成――20世紀初頭フランスの教会堂保護運動における思想展開

研究報告

野村悠里
北ホラント公文書館所蔵の製本手引書に関する考察:画家デ・ブライの描いた『ビブリア/製本の手引き』について
坂口英伸
紀元二千六百年のタイムカプセル
菊地淑人
祭礼とイベントの狭間―飛騨高山と文化資源をめぐる近現代史
市川寛也
コミュニティ型アートプロジェクトのその後―「小料理喫茶ワシントン」をめぐる生活景の再生を中心に











ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.