トップページ > 論集 > 第6号

『文化資源学』第6号(2008年3月発行)

小林真理
博物館法改正に関する一考察―誰のための博物館法か―
ニコル・クーリジ ルーマニエール
美術=アートではなく、クラフト=工芸ではない―美術館における陶磁器の展示についての考察―

論文

清水恵美子
岡倉覚三のボストン美術館中国日本美術部経営―美術館教育を中心に―
大出尚子
藤山一雄の民俗展示場構想と満洲開拓政策
長嶋由紀子
「文化開発」の理念とフランス自治体文化政策の創成期―グルノーブル市文化政策(1965-83)の問題意識と影響力―

研究報告

春日恒男
航空神社小史
中村美帆
小説「石に泳ぐ魚」出版差し止め判決―日本における自由権的文化権保障の現状―


特集:フォーラム「文化資源という思想:21世紀の知、文化、社会」報告

木下直之
文化資源学がひらく世界
 
特集:フォーラム「文化資源学という思想」報告








ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.