トップページ > 論集 > 第3号

『文化資源学』第3号(2005年3月発行)

深井晃子
ファッション企業におけるアーカイヴの意味を問う
渡辺裕
ソノシート再考 ─レコードと雑誌の文化資源学─

論文

大場利康
満州国の国立図書館構想 ─国立中央図書館籌備処の設立までを中心に─
末永航
沖縄と「シーサー」
古屋貴子
開化錦絵から読む湯島聖堂博覧会 ─二代目歌川国輝「古今珍物集覧」をめぐる考察─

研究報告

恵美千鶴子
西郷隆盛銅像考 ─その建設過程を中心に─
柏木智雄
五姓田義松の滞仏期の創作活動について
森本デュルト沙羅セシル
1889年パリ万国博覧会における「世界」の表象
深見麻
金門万国博覧会と在米日系社会 ─1930年代の日系社会の対米宣伝活動の一例として─
福田裕美
文化財政策における民俗芸能の保護の再検討 ─国際文化交流事業の展開の過程から─


文化資源学フォーラム2004「文化経営を考える─オーケストラの改革・ミュージアムの未来」報告

佐藤光明報告、荒木均報告
オーケストラの改革
加藤種男報告、深川雅文報告
ミュージアムの未来
 
総合討議
小林真理
「文化経営」の課題と文化経営学 ─文化資源学フォーラム2004を振り返る─


ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.