トップページ > 論集 > 第2号

『文化資源学』第2号(2004年3月発行)

特集 文字─文化資源学の立場から

木下直之
人が資源を口にする時

特集 文化資源学の展望

月村辰雄
大文字Bの冒険 ─ラテン・アルファベットの書体の変遷をめぐって─
大西克也
古代漢字の字形変化 ─内在的要因と外在的要因─ 
高橋孝信
声の文化とインドの文字
福井怜
訓民正音をめぐる7つの問答

論文

小山弓弦葉
奈良金春座伝来能装束の調査から ─能装束の形態に見る芸能の特質─
串田紀代美
学校における民俗芸能の活用 ─実践共同体としての佐渡小倉こども鬼太鼓の事例─
内藤陽介
ポスタル・メディアとクレタ島
山田直子
山岡浚明と『示蒙抄』 ─書物の分類をめぐって─


研究報告

稲庭彩和子
1980年代以降の英国における日本美術展とその教育活動の現状
崔銀姫
韓国における文化資源としての放送アーカイブに関する調査研究
小野寺玲子
ポスター資料の記述に関する現状と課題
藤元直樹
師範学校第一期生渋江保 ─「既往の夢(羽化懐旧談)」の再評価に向けて─


ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.