トップページ > 遠足 > 第69回

第69回 春騒立つ遠足「福島いわきに明治大正・昭和・平成のエネルギー資源振興・復興の足跡を訪ねる」

日程

  • 2017年3月4日(土)―5日(日)

案内人

  • 池田雅則(会員、みずほ銀行)
サンプルイメージ

明治以降の日本の近代化から現代に至るまでエネルギー資源については常に日本の課題とされてきました。明治時代西南戦争で筑豊地方からの石炭が途絶えたのを契機に開発された常磐炭田は明治大正、昭和前半にかけて、京浜工業地帯を支えます。

その後、石炭から石油への(温泉)利用で、当時「夢のハワイ」と言われたハワイをテーマとしたリゾート施設に炭鉱閉山の活路を見い出します。ところが2011年福島県沿岸は津波と原子力発電所事故の二重の被害に見舞われてしまいました。

東日本大震災後ちょうど6年経過となる時期に、明治以来1世紀半に及ぶ福島いわきのエネルギーの足跡を訪ねることで、これからのエネルギーとの向き合い方を考える一助となれば幸いです。

サンプルイメージ

行程

3月4日(土)
1.いわき市石炭・化石館  12:50〜14:20
<講演1>常磐炭田の歴史
館内・館外見学  1947 昭和天皇戦後行幸・入坑記念碑
2.みろく沢石炭の道   幕末に最初に石炭発見  14:40〜16:10
2-1.みろく沢炭鉱資料館(個人運営)
2-2.内郷山神社跡・相撲場跡
2-3.白水阿弥陀堂   福島県唯一の国宝建造物
3.スパリゾートハワイアンズ(視察滞在・宿泊先)
<講演2>常磐興産・常磐炭鉱の復興の歴史   16:40〜17:30
3-1.フラミュージアム  17:30〜17:50
3-2.夕食懇親会  18:30〜20:15
3-3.ポリネシアン・グランドステージ観覧  20:30〜21:30
サンプルイメージ
3月5日(日)
 4.いわき薄磯地区・被災地視察   10:30〜11:00
 5.いわき回廊美術館  蔡國強・東日本大震災復興  11:30〜11:50
<道の駅よつくら港・昼食>  12:10〜12:50
 6.楢葉町視察  2015年避難指示区域解除
 6-1.楢葉遠隔技術開発センター 、福島第一原発廃炉への研究開発施設  13:30〜14:20
 6-2.天神岬    14:30〜14:50
 7.富岡町    避難指示区域未解除
 7-1.富岡漁港、子安観音  15:10〜15:40

サンプルイメージ


ページトップへ戻る
文化資源学会 All rights are reserved. ©2002-2017.